阪急杯 2013 レース後のコメント - 競走馬の成長記録

相互RSS
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急杯 2013 レース後のコメント

阪急杯 2013 レース後のコメント

1着 ロードカナロア 岩田康誠騎手
「今年は負けるわけにはいかない立場。今年緒戦をこういう形で飾ることができて、次に向けて楽しみになりました。理想的な展開で、どこからでもレースができる馬ですからね。馬が完成されつつあります。4コーナー手前ではいくぶん仕掛けが早いかとも思いましたが、自信を持っていきました。最後までがんばってくれました」

2着 マジンプロスパー 福永祐一騎手
「ロードカナロアについていって、外に出そうかと思いましたが、内に行きました。少し怯む面がありましたが、がんばってジリジリと伸びてくれました。このような形で競馬ができたのは初めてですし、収穫でした。状態もよくなっていました」

4着 サンカルロ 吉田豊騎手
「内枠からうまくさばくことができました。前に人気馬がいたので、その後ろをついていきました。いつもの感じならそこから伸びるのですが、馬体が増えていて余裕があった分でしょうか。次に向けてのいい叩き台になったと思います」

5着 シュプリームギフト 秋山真一郎騎手
「前回の敗因は道悪とハッキリしていましたし、今日はパンパンの良馬場でしたからね。1400mがどうかと思いましたが、この距離でもやれるメドは立ったと思います」

9着 エピセアローム 武豊騎手
「スタートよく、取りたいポジションを取れましたが、追ってから反応がありませんでした。結果的には内を走った馬の競馬になりましたしね。次はよくなってくると思います」

11着 ブライトライン 浜中俊騎手
「ゲートの中で座り込んでしまって遅れてしまいました。4コーナーではトモがばらけた感じで、手応えがありませんでした。馬ごみに入れるとダメなタイプなのかもしれません」

16着 シゲルスダチ 池添謙一騎手
「途中から一気にかかってしまって、折り合いがつきませんでした」

引用元
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-227157.html

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 競走馬の成長記録 All Rights Reserved.
PVランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。