川崎記念 2014 レース後のコメント - 競走馬の成長記録

相互RSS
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎記念 2014 レース後のコメント

川崎記念 2014 レース後のコメント

2014年1月29日(水) 川崎
11R 第63回 川崎記念(GI)
サラ系4歳以上 2100m ダート・左

【レース後のコメント】

・1着ホッコータルマエ(幸英明騎手)
 勝ててホッとしています。4コーナーを回った時には勝てると思いましたし、2着馬が並びかけてきた時にも反応してくれたので、最後まで差を詰められなかったと思います。
 今日の調子はよかったです。レース前の作戦では2・3番手につけて、逃げ馬に楽をさせないような形を考えていました。
 この後はフェブラリーステークスだと思いますが、まだ中央のGIタイトルを手にしていないので、できれば勝ってドバイに行きたいと思います。また応援していただけると嬉しいです。
・(西浦勝一調教師)
 ホッとしています。自分では「勝って当たり前」だと思っていても、プレッシャーは感じていました。東京大賞典のレース中にバランスを崩したことがありましたが、その後の体調の回復も早く、今日に向けての調整はうまくいきました。
 1周目でハミを取ってフラフラしていて、レースのペースが速く見えたことが心配でした。最後まで接戦で、「絶対負けない」と思っていても、力が入りました。
 コンスタントに走っていますが、オンとオフの切り替えがうまく、すぐ体調を戻してくれます。今年は3月にドバイへ行くので、いい結果を出してきたいと思っています。その前に、状態が良ければフェブラリーステークスへの出走を考えています。
 これからまたどんどん力をつけていきたいと思いますので、これからも応援をよろしくおねがいします。

・2着ムスカテール(岩田康誠騎手)
 ダートでやれることは分かっていましたし、手ごたえもありましたが、交わすことができませんでした。それでもいい勝負はできたと思います。

・3着トウショウフリーク(武豊騎手)
 自分のレースはできていますが上位2頭が強かったです。調子は良いので、どこかでチャンスがあれば、と思います。掛かるくらいの馬ですから、離して逃げることは頭に置いていました。しかし、3コーナーで捕まえられてしまうとは...。

・4着ランフォルセ(戸崎圭太騎手)
 向正面から手ごたえが悪くなってしまいましたが、最後までよく頑張っていました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 競走馬の成長記録 All Rights Reserved.
PVランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。