昨年の安田記念勝ち馬ショウワモダンが事故死 - 競走馬の成長記録

相互RSS
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の安田記念勝ち馬ショウワモダンが事故死

昨年の安田記念勝ち馬ショウワモダンが事故死

JRAは2日、10年安田記念(GI)などに優勝し、現役引退後は馬事公苑において繋養されていたショウワモダン(牡7)が、2日13:20に同苑内にて事故のため死亡したと発表した。

 ショウワモダンは、父エアジハード、母ユメシバイ(その父トニービン)。半兄に新潟記念(GIII)を勝ったユメノシルシ(父フジキセキ)がいる血統。2歳時の06年にデビューし、3歳時にはスプリングS(GII)4着など重賞でも好走を見せたが、本格化したのは5~6歳になってから。10年ダービー卿CT(GIII)で重賞初制覇を飾ると、続くメイS(OP)、安田記念(GI)と3連勝でGI初制覇を果たした。その後は勝利することができず、今年の京王杯スプリングC(GII)14着後、安田記念を目指していたが鼻出血を発症し引退、乗馬となっていた。通算成績47戦10勝(重賞2勝)。

【馬事公苑苑長・三笠貞弘のコメント】
「午後1時過ぎ、ショウワモダンの首が馬房の馬栓棒の間に不自然な形で挟まっているのを発見し、懸命に救出作業を行いましたが、残念ながら咽頭部の圧迫による窒息のため死亡しました。競走能力だけでなく、馬術競技馬としての資質も優秀で、来年の活躍を目指して調教を重ねていた矢先の事故で非常に残念です」

netkeiba.com 12月2日(金)17時48分配信

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=60222

2010.06.06 東京11R 第60回安田記念(GⅠ) ショウワモダン レース動画

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 競走馬の成長記録 All Rights Reserved.
PVランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。